【第4回】本を通して世界に出会おう ー中欧文学者編 世界の残酷さをどう語るかー

【第4回】本を通して世界に出会おう ー中欧文学者編 世界の残酷さをどう語るかー


突然ですが「読むこと」の歴史を知っていますか?
文字が生まれたのはなんと5000年以上も前(紀元前3000年)。現在の西アジアで生まれました。皆さんもどこかで聞いたことがある、楔形文字やヒエログリフなどはイメージしやすいかもしれません。

そしてこの発明は人類に大きな衝撃を与えます。これまで残すことができなかった軌跡を記録できるようになり、場所や時を超えて知恵や物語が共有されるようになったのです。

情報の溢れる現代においても「読むこと」は、「あ!」と驚く世界に私たちを連れて行ってくれます。

「読むこと」は自分の知らない世界へ一歩踏み出すチャンスです!そして先人の悩みも発見も知恵をも時空を超えて得ることができるでしょう。

本連載では様々な分野で活躍する人たちの ”中高生にいま読んでほしい本” を紹介します!

多くの出会いがありますように。


須藤輝彦.jpg東京大学大学院博士課程在籍 須藤 輝彦(すどう てるひこ) 
東京大学大学院博士課程在籍。中欧文学者。ミラン・クンデラを中心に、チェコと中欧の文学を研究する。論文に「偶然性と運命」、Web連載に「燃えるノートルダム」、短篇小説に「中二階の風景」など。
訳書に『シブヤで目覚めて』、『美術館って、おもしろい!』。



世界の残酷さをどう語るか

世界には美しい面が多々ありますが、残酷なのもまた事実。とくに大きな苦しみに直面した人間は、それを語るのに、想像を絶する努力を要します。以下に挙げる3人の著者は、それぞれのやり方で、世界の残酷さにことばを与えました。彼らの努力と創意の果実はきっと、病める現実と対峙し、苦しむ人々を支える力になるでしょう。



◯ スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ『戦争は女の顔をしていない』(三浦みどり訳、岩波現代文庫、2011年)

カテゴリー:文学(証言・聴き取り)

 本作の著者アレクシエーヴィチは、ジャーナリストとしてはじめてノーベル文学賞を受賞しました。つまりこの作品はフィクションではありません。しかし、たんなるインタビューでもない。アレクシエーヴィチは言います。「わたしはただ録音し、書き取っているだけではない……話を集め、苦悩のおかげでちっぽけな人間が大きくなるときのその心の道筋をたどろうとしている。」偉大な祖国の歴史的大勝利という「大きな物語」の陰で無視されてきた「女たちの物語」は、戦争の悲惨さをありありと伝えながらも、生き生きとして繊細で、わたしたちの心を強く打ちます。小梅けいとによってマンガ化されたことも話題となりました。

『戦争は女の顔をしていない』スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ, 三浦みどり訳, 2011, 岩波現代文庫 『戦争は女の顔をしていない』
  スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ, 三浦みどり訳, 2011, 岩波現代文庫
  www.amazon.co.jp/dp/4006032951






◯ ハン・ガン『少年が来る』(井手俊作訳、クオン、2016年)

カテゴリー:文学(小説)

 アジア人ではじめて権威あるマン・ブッカー賞国際賞を受賞したハン・ガンが、光州事件に取材した鎮魂の物語。長らく情報統制されてきた事件に関わる人々の経験を、「君」「僕」「あなた」といったさまざまな人称を交差させ、いくつもの声で浮かびあがらせる。知っているようで知らない隣国の、しかもごく最近の歴史を知るために……というのはお題目で、こういうものは、とにかく読まれるべきだと素直に思います。

『少年が来る』ハン・ガン, 井手俊作訳, 2016, クオン 『少年が来る』
  ハン・ガン, 井手俊作訳, 2016, クオン
  www.amazon.co.jp/dp/490485540X






◯ カート・ヴォネガット・ジュニア『スローターハウス5』(伊藤典夫訳、ハヤカワ書房SF、1978年)

カテゴリー:文学(小説)

 作家自身が経験したドレスデン空襲を背景に書かれた半自伝的SF。また戦争か、と思われるかもしれませんが、ヴォネガットにかかれば、むごたらしい歴史経験にもまったく違う光が当てられます。大胆な仕掛けと抜群のテンポ感、奔放な想像力に哲学的問いかけ、そしてなにより、辛辣かと思いきや、じつはとても優しいユーモア。選者はヴォネガットのような人こそ「アメリカの良心」なんじゃないかと、ひそかに思っています。

『スローターハウス5』カート・ヴォネガット・ジュニア, 伊藤典夫訳, 1978, ハヤカワ書房SF 『スローターハウス5』
  カート・ヴォネガット・ジュニア, 伊藤典夫訳, 1978, ハヤカワ書房SF
  www.amazon.co.jp/dp/415010302X




© 2021 Teruhiko Sudo